お子さんと一緒に来るママさんへ〜整体ラボのお約束ごと〜

こんにちは!

 

 

めっきり寒くなりましたね!

私は今、朝の4時〜5時に起きてるんですが

着圧ソックスと薄い毛布が必須です(汗)

この寒さを感じるのって

40代半ばのお姉様だからじゃないですよね。。。

 

 

こころとカラダを元気にする、整体ラボのホンドです。

 

 

今年がいつもよりも寒いのか

今年の自分が去年より冷えやすくなってるのか

前者だと信じたい!!

切実に感じます(笑)

 

 

 

 

さて

 

 

整体ラボは、産後の方の不調や

産後の骨盤矯正で来院される方がとても多いです。

 

 

しかも、開院当初から

「お子さんも一緒にどうぞ〜」という整体院なので

小さい赤ちゃんから

パワフルに動き回るお子さんまで、子供たちもたくさんきています。

(現在は私1人で施術しているため託児サービスはありません。

 勝手に遊んでます)

 

 

そんなお子様連れで来るママさんと、整体ラボのお約束のお話をします。

これから来院しようと思っている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

まず

生後間もない赤ちゃん〜1歳までのお子さんの場合

半年くらいまでの赤ちゃんの場合は

院内にバウンサーを準備しています。

冷えないようにするための

ですので、沢山の手荷物を持ってくる必要はございません。

 

IMG_7594

※ちなみに左が生まれたばかりのうちの娘で、右が一緒に来てくれたベビーちゃん

このピンクのバウンサーがあります。

 

 

赤ちゃんを連れてくるだけで、大変な労力ですので

できるだけ少ない荷物でいらしてくださいね。

 

 

おむつ替えやおっぱいをあげることもできますので

安心していらしてください。

(予約状況によってできない場合もあります)

 

 

ハイハイをし始まると

バウンサーではじっと寝ていてはくれません。

ですので、ベッドの周りをハイハイしたり

つかまり立ちをしたりしながら遊ばせます。

 

 

ママと離れられない赤ちゃんもいますので

手をずっと繋いでいたりする方もいますよ。

 

 

 

次に★1歳以降★のお子さんといらっしゃる方。

 

 

基本的に、何も制限はありません。

ただ一つ注意することとしたら、ウォーターサーバー(笑)

 

 

どうしても水を出したい子がいますので

そういうお子さんの場合は

水が出ないように工夫しますので大丈夫です。

 

 

触って欲しくないものは、最初から手が届かないところに置いておきますので

壊れるからやめて〜!とか

言っちゃダメ!とか

やっちゃダメ!とか

 

 

ダメダメ言葉をママさんが使うことはNGです。

 

 

私もダメダメ〜って自分でも使っちゃいますけど

子供にダメダメばかり言っているのを聞くのが苦手です。

 

 

それに子供って、ダメダメ〜ってたくさん言うと

それよりもダメなことを探して

ママを困らせることありますよね。

 

 

もちろん悪気はないけど

親を楽しませたい、素直な気持ちなんだと思います。

うちの娘もそうです。

 

 

だけど案外、いいよ〜大丈夫だよ〜って言っていれば

血管が切れるほど怒ることってないような気がするんです。

 

 

ご家庭でいつもニコニコは難しいかもしれないけど

整体ラボに来た時くらいは「ダメダメなし」でいきましょう!

 

みたい時には動画もOK

お菓子もボロボロこぼしながらでOK

 

 

これが、お子様連れでくるママと、整体ラボとのお約束です。

 

 

あっ!

泣いちゃうからって気にするママさんもいますが

ノープロブレム。

私は全く気になりません。

ただ、ママが気になるようなら日程変更しますので

まずは試してみましょう。

 

 

お子さんがいるから、自分の体は後回し

なんて、私はお勧めしません。

 

 

ママが元気で笑顔だから、子供は笑顔でいられるんです!

 

 

そのためにぜひ、ママの体調管理に

整体ラボをご利用くださいね^ ^

 

 

 

女性整体師があなたの健康と美容をサポート
かみすカイロプラクティック 整体ラボ←HPはこちら
ご予約はお電話で(tel:0299-92-8859)

カテゴリー: 産後の骨盤矯正   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>